HOME>オススメ情報>CTIを導入することで業務の質を向上できる

CTIで業務の質が向上します

CTIは電話とコンピューターをつなぎ、顧客情報を確認したり通話内容を録音したりと作業を効率化させ、業務の質を向上させます。

利用する際のポイント

電話をしながら顧客情報を確認

コンピューター上に顧客の情報が表示されるので、基本的な情報や過去の履歴などが分かりスムーズに対応できます。

データを蓄積して分析できる

コール数や成約数、再コール数なども割り出せるため、データを蓄積して分析し、戦略に役立てることができます。

ワンクリック発信でコール数がアップ

ワンクリックで発信できるので手がけのように電話のかけ間違いがなく、コール数をアップすることができます。

電話制御機能で素早い電話対応

音声案内で担当の部署を選択させたり、業務時間外に音声案内をさせたりして電話対応を効率化します。

録音機能でトラブルを回避

通話を録音してクレーム処理の対応をしたり、オペレーターの対応力をチェックしたり、顧客満足度の向上が図れます。

利用をする際の注意点

女性 企業でオリジナルのシステムを導入している場合は多いです。しかしその使用のルールをしっかり守ることができなければ、正しい運用をすることができません。CTIは通信費を抑えることができる、コールセンターでも多く導入されているシステムですが、運用のマナーを守らなければ、顧客の情報漏えいが起きてしまうリスクが高まります。独自のルールやマナーを設定して、周知させて運用をしていくことが情報漏えいを予防するためには必要です。

メリットを知っておく

PC CTI機能を導入することにより、コールセンターの仕事もスムーズにすることができるので、コールセンターを持っている企業の中には積極的にCTIを導入しているところが増えてきています。コールセンターでは1日に膨大な量の受付を行い、その内容に対してスムーズに対応をしなければいけません。かかってきた顧客との電話のやりとりをCTIを通すことによって記録したり、契約内容などをすぐにチェックできたりするというメリットがあります。待ち時間を短縮させることができ、対応時間も減らすことができるようになるので、対応をすることができる顧客の人数も増やすこともできます。専用のマナーやルールを設けることによってよりスムーズに仕事を進めることもできます。

広告募集中